白髪染めの仕組み

気になる白髪を手軽に目立たなく染める事が出来る白髪染め。
この白髪染めは、白髪が染まりやすいよう作られています。
どのような仕組みで白髪が染まるのでしょうか?

白髪染めの薬剤は、1剤と2剤に分かれています。
この1剤は、ジアミン系の色素中間体が配合されていて2剤には酸化剤が入っています。使用をする際には、1剤と2剤を混ぜて混合して利用します。

1剤と2剤を混ぜた混合液を、白髪に塗布する事で1剤の中のアルカリ剤がキューティクルを開きそして染料を髪の内部に浸透させます。
浸透した染料は、髪の内部で結合を起こし水に解けない大きな粒子となり綺麗に染まるのです。

また、2剤の中にある過酸化水素はタンパク質を破壊してしまうのでどうしても髪はダメージを受けやすくなってしまいがちです。
1剤のアルカリ剤を髪に残してしまうとキューティクルが開きっぱなしな状態で剥がれやすくなっています。

元の状態の髪を戻すには、酸性のリンスを使用して色素を破壊しないように気を付けなければいけません。
白髪染めをしていると、髪が傷みがちになりますがヘアケアをしてダメージヘアから守りましょう。