Q&A

白髪染めは、髪が痛むの?
一般に売られている白髪染めは、1剤に含まれている酸化染料とアルカリ剤、2剤の過酸化水素水を混ぜ合わせて染める方法です。
髪のキューティクルを開いて、髪の色素を分解して脱色をして髪の内部に染料を浸透させて染めます。
この時の髪のキューティクル負担がかかり、とてもデリケートな状態なのです。
とても傷つきやすくなっているのでパサ付きダメージヘアになりやすいのでヘアケアが大事なのです。
白髪染めとおしゃれ染めは何が違うの?
白髪染めとおしゃれ染めは、染料の量が違います。
しっかり染める事が出来る白髪染めは、染料が濃いためブリーチ力が弱いです。
逆に、おしゃれ染めはブリーチ力が強く染料が薄くなっています。
白髪染めは、白髪を綺麗に染まるように作られていますのおしゃれ染めでたくさんの白髪を綺麗に染める事は出来ません。
白髪は抜くと増えるってホント?
『白髪は抜くと増えてしまう』と言われていますが、白髪は抜いても増える事はありません。
白髪は、老化によるもの。
毛根のメラニン色素が無くなる為に、白髪になってしまうのです。
その白髪を抜いたとしても、メラニン色素が無くなっている毛根は残っているので再び生えてくる髪は白髪になりやすと言えるでしょう。
また、白髪を抜く事で他の毛根に影響を及ぼすという事は今の所分かっていません。
一夜で白髪になるってホント?
「マリー・アントワネットの髪が、一夜にして白髪になった」という噂を聞いた事がありますか?
これは、まったくの嘘です。
ストレスなどにより、一夜で白髪になる事はありません。
過度の恐怖や心労が負担になり、白髪になる事はありますが白髪が生えてくるには時間がかかります。
白髪は、2~3週間後に生えてくる事が多いでしょう。
白髪染めのヘアマニキュアで白髪を隠せる!?
白髪染めのヘアマニキュアの場合だと、しっかりとカバーする事が出来ます。
ヘアマニキュアなので、髪の表面から色を浸透させるので痛みが気になるダメージヘアの方などにお勧めです。
妊娠中の、白髪染めはダメ?
妊娠中の白髪染めの使用は、医学的な根拠は無いのですがやはり使用しない方が良いでしょう。
妊娠中は、お肌がとてもデリケートな状態となっています。
また免疫力が低下しやすくなっているので、普段はかぶれ知らずの方でももしかするとかぶれてしまうかもしれません。
また、頭皮から白髪染めの染料が毛細血管に入りこむ可能性も高いと言われています。
そのため、お腹の中の胎児に影響を与えないとは言い切れません。